本文へスキップ

松本釣船2は鯛ラバ・タチウオを中心に瀬戸内の色々な釣りをご案内します。

TEL. 090-9500-4381

8:00〜19:00にご連絡ください

対象魚TARGET

鯛ラバ

  • 60gを中心に、浅場やキャスティングでは45gも使いやすいです
  • PEは06〜1.0、リーダーは3〜4号
  • ドラグは0.65〜0.8kg  
  • 「鯛ラバ」の募集になっていても一つテンヤの方も乗船可です    ※エビは各自で準備してください  ※席は一番前になります
  • マイクロジグ、キャスティングもやってみてください
  • 釣った鯛は大きいものは活かしておいて最後に神経絞めします   小さいものはリリースか各自で絞めてください



鯛サビキ  

  • PE1.0号まで、鉛は30号統一
  • 下津井沖では手返しが重要になりますので短い仕掛け、小豆島沖は長くても大丈夫です
  • ロッドは鯛ラバロッドでも何とか使えます
  • 各自で絞めて頂くのでその準備もお願いします



タチウオ  

  • 通常はジグ100〜130g、テンヤ30号     鳴門遠征時はジグ130〜150g、テンヤ40号  (テンヤ30号+中通し10号でもOK)
  • PE1.2号、リーダー40〜60lb
  • ジグはフックの返しを潰してバーブレスに
  • オマツリ防止&早期解消のため、ケミホタルやビニールチューブ、ワイヤー、ヨリモドシ付きの仕掛け不可
    PEとリーダーはFGノットやPRノット等で結ぶか溶接リング(ソリッドリング)を使用してください
  • 3人でご予約の時はお1人はキャビン横になります
  • 空席が判る様にしていますが、指定は出来ません
  • 遠征で人数が少ない場合は中止になります



SLJ (スーパーライトジギング)  

  • 30g〜60g位のマイクロジグで釣れるモノ何でも狙います
  • 岩場では鯛、アコウ、カサゴ他   砂地では鯛、ヒラメ、マゴチ他
  • PEは06〜1.0、リーダーは3〜5号
  • 青物がよく出る時は少し太めのタックルで



青物LJ (ライトジギング)  

  • ハマチ〜メジロクラスを80g〜150g位のジグで狙います
  • 基本的に遠征になるので3人以上で出船   近場の時は1人から
  • PE2.0号、リーダー40lb(12号)以上
  • 各自で絞めて頂くのでその準備もお願いします



ワインドヒラメ(ルアーヒラメ  ジグ可)、フラットゲーム  

  • ジグヘッド+ワームで狙います   ジグもOKです
  • 夏場はマゴチ、冬場はヒラメが多くなります



呑ませヒラメ  

  • 12月〜3月
  • 活餌は出港後別な港に行き、何人かで買ってきて頂きます   ※ 指示が無ければお一人15匹ずつ注文しておきます
    活餌はイケスで活かしておき、釣座に1匹ずつ持って行って頂きます   ※面倒な時、数を指定される時は各自で活かしバッカンなどを準備してください
  • PE1.5まで、鉛30号統一
  • 釣ったヒラメは活かしておいて最後に神経絞めします



呑ませブリ  

  • 10月〜11月中旬
  • PE2.0〜2.5号、ハリス12号、鉛50号統一
  • 各自で絞めて頂くのでその準備もお願いします



落とし込み(青物)  

  • 7月後半〜10月末頃まで
  • 基本的に3人以上で出船
  • PE2.0〜2.5、鉛30号統一
  • 各自で絞めて頂くのでその準備もお願いします



アオリイカ  

  • キャスティング   9月前半、土日祝日は貸切のみ
  • ティップラン   9月後半から10月末   エギは30g〜40gを使います



カサゴ  

  • 12月〜5月
  • PE1.0号まで、鉛20号統一



メバル  

  • 1月〜5月
  • PE1.0号まで、鉛20号統一
  • あまり数が出ないので他の魚種とリレーの方が良いです



キス  

  • 5月〜7月
  • PE1.0号まで、鉛20号統一



ギザミ  

  • 7月〜9月
  • PE1.0号まで、鉛20号統一
  • 釣れすぎるので他の魚種とリレーが良いです



イイダコ    

  • 乗合は募集時のみ、それ以外は貸切のみ



大ダコ    

  • PE3〜4号、鉛40号
  • 潮の小さい時、随時出ます   ※9月以外



五目  

  • メバル・カサゴ・鯛など、その地合によく釣れるモノを狙います
  • 鉛20号統一
  • 冬場はメバルサビキ、カサゴ仕掛け、鯛サビキを準備しておいてください
  • 各自で絞めて頂くのでその準備もお願いします